第08回お母さんのための「受験の算数・数学」旬の問題を斬る!

<<受験に関心はあるけれど算数には何とな~く、「カベ」を感じている親御さん、受験は関係ないけど頭を柔らか~く保っておきたいオトナの方(お子さんありなし関わりません)へ>>
ご一緒に楽しみませんか? ふたりの講師が掛け合い風に進め、眠くなりにくい構成です。
□第8回目はいよいよ旬の問題を斬る!です。
□親御さんも一緒にアタマに汗をかきましょう!
□講師は、長年、東京出版「中学への算数」執筆、現在「高校への数学」編集長。東進衛星予備校講師、朝日小学生新聞執筆等。
□前半時間は、大人向け受験情報ご紹介の予定です。

第09回お母さんのための「受験の算数・数学」

第9回お母さん算数終了。ご関係皆様、ありがとうございました。

●一辺の長さが同じ、正四面体Pと正四角錐Qのお話は、難しいけど面白かった~! この二つの立体体積がQ=2Pの関係ということからして、先ずとても新鮮で・・・小学校の知識で理解できた話だったというのがまた、哀しくて。

●しょぼいですがモデルを作ってみました → 画像(後日詳しいのをアップします) ぶっちゃけ、話がよーく見えるようになりました。

●次回は10回を記念しまして、望月俊昭先生をお迎えして7月に開催予定です。詳細は来月発表いたします。では!

第11回お母さんのための「受験の算数・数学」場合の数〜多彩なカタラン数の世界〜

■10月13日、第11回お母さん算数、無事終了致しました。ご参加くださった方、関心をお持ちくださった方、大変ありがとうございました。

■カタラン数お見事でした。最初はナニそれでしたが、経路カウントとのリンク、それがラーメンのお釣りや図形と繋がっている・・何だかスゴイ!と思える2時間でした。

■アンケートより:
「適当(?)な雰囲気の中で、緻密な問題選定、解説順序は素晴らしかった」
「何度も取り上げてほしい内容です」
「自分の子はすぐに書いて数え上げ、間違えるのが目に浮かびました」などなど頂きました!

■次回は最新受験問題ということで来年となります!それまでの間、今までの問題をピックアップしていきたいと思います!

第10回お母さんのための「受験の算数・数学」特別回

去る7月16日(月)、第10回お母さん算数記念回、終了致しました。ご関係皆様、お暑い中、ありがとうございました。
望月先生の、折り紙を折ってここを切るとこんな図形になる!というとっても魅力的な内容に、堀西先生・櫻井先生のいつもの鮮やかな流れで図形を解き明かしてくれるお話が続き、大変盛りだくさんの講演でした!
頂いた声より。
「望月先生の過去の記事の配付もあり、出席して良かった」
「会費払うからもっと長い時間やってほしい!」
「有名な先生お二人の内容に接することができた。大人が聞いても、子供が聞いてもためになる内容だった」などなど。

risukukan_10_movie_190414 – 中

宝仙学園理数インター・特別09/図形

図形

■■ 問題 ■■  

 下の図の四角形ABCDは正方形で,EFGHはそれぞれ辺の

真ん中の点です.

 正方形の内部に点Pをとり,EFGHと直線で結ぶと図のよう

になりました.

 このとき,四角形PGCHの面積を求めなさい.